あずきプランニング

自分ストーリー 2015.8.28

2. あの匂いがダメです

昭和41年。4歳。

幼稚園に入園しました。

 

イメージ写真

 

 

幼稚園時代は、「楽しかった」という感覚が強いです。

 

もちろん、イヤな想い出もあります。

 

みんなの前で、いきなりお漏らしをしてしまった。。。

 

とか。。

 

建物入り口の大きなガラス扉に飛び込んで、ガラスを割ってしまった。。。

 

とか。。

思い出すと、赤面してしまうような記憶満載です。

多分、この頃だと思うのですが、母親が「教育」に目覚めてきます。

何かで仕入れた「頭に良い」とされるモノを何でも取り入れ始めます。

 

一番、記憶にあるのは、

 

「たまねぎジュース」

 

どこからその情報を仕入れたのか。

また、そのレシピとはどんなモノだったのか。

今となっては、わかりません。

 

私の記憶の中では、

 

「とにかく、マズイ。」

 

そういう印象しか残っていません。

 

多分、1回か2回は飲んだと思います。

でも、マズクて、それ以上は飲めなかったと思います。

 

で、結局。

 

「タマネギとネギが食べられなくなりました。」

 

イメージ写真

 

今でこそ、火を入れたものであれば食べることができますが。

 

「生タマネギ」「生ネギ」は、好きではありません。

 

なので。。。

 

うどんやソバに入っているネギは、できる限り食べません。

オニオンスライスや、サラダに入っているタマネギは食べられません。

 

あの「匂い」がダメなのです。

口の中に広がるあの「香り」がダメなのです。

 

一度、この事を母親に冗談めかして言ったことがあります。

 

本人には、そんなジュースを作った覚えはない、とすっとぼけられました。

 

あと。。。

この頃、何故か「絵」を習っています。

 

幼稚園の中で開催されていた「絵画教室」なのですが。。。

何故か、そこに通ってました。

「絵」を描くことは、好きではないはずなのですが・・・

 

それと。。。

「習字」も習っていました。

 

習字は、小学生になってからも通っていました。

 

でも。。。

「字」にはコンプレックスがあります。

 

できることなら、「字」を書きたくありません。。。

 

自分の「字」がキライです。

「習字」を習うことイコール「字」が美しくなる。

わけではないようです。

 

あくまで、私の例ですが。。。

 

楽しかった幼稚園生活は、2年で終わります。