あずきプランニング

備忘録 2015.1.4

親父のこと:2015

小豆島 二十四の瞳

 

父親が亡くなって、今年で丸8年になる。

?

自分にとても近い人間の死に接したのは、これが初めてだった。

自分にとても近い人の死がこれほどまでに、いろいろな事を巻き起こすとは想像すらしていなかった。

?

それほど、自分にとっては、いろいろな意味で大きな事だった。

?

その後の人生を変えてしまったと、思っている。

?

久しぶりに親父の事を考えてみたいと思った。

?

 

生前の親父のイメージは、とにかく何もしない人、だった。

 

「新聞を取ってくれ。」

「タバコを取ってくれ。」

 

リビングの自分の定位置に一度座ったら、ほぼ寝るまで動かない。

 

お酒を飲んだら飲んだで。

 

飲むほどに声が大きくなり。

飲むほどに饒舌になり。

飲むほどに気が大きくなり。

 

そのうち。

口がとがってきて。

くしゃみをしだし。。。

 

寝てしまう。。。

 

そんな親父が、あまり好きではなかった。

 

子供の頃。

親父に遊んでもらった記憶がない。

 

小学校の頃。

大阪万博があった。

 

さすがにこれには連れていってもらったが・・・

行列に並ぶ事なく。

レストランに陣取って、酒を飲んでいた。

 

高校を卒業して、東京の大学に行く時。

 

「親子の別れだ」

 

そんな言葉をかけられた。

 

本当に、その通りになるとは思いもしなかったが・・・

 

(この項、続きます。。。多分。。。)