あずきプランニング

備忘録 2015.8.18

過去の否定

イメージ写真 イメージ写真

 

親父のコトは、私自身のための記録のような感覚でいました。

 

たくさんの人に見てもらいたい!

 

 

とは、思っていませんでした。

 

親しくさせて頂いている方々にも、このブログの存在をお知らせすることはありませんでした。

なので、思い立った時に更新する、という形で続けてきました。

 

2004年に始めましたので、10年以上続いていることになります。

2013年で止まってますが・・・ ^^;

 

今、振り返ると。。。

あの時、思い切って「親父のコト」を残しておいて良かったな、と思います。

約半世紀生きてきた中でも、「父親の死」というものは特に大きな出来事でした。

 

ガンの発見(2004年)から、闘病生活、そして「死」(2007年)。

 

さらには、「父親の死」のおかげでいろいろとわかってきたこと。。。

 

2004年から2007年までの3年間と、その後の数年間。

 

それまでの自分の人生を振り返り、反省し、意識を変えていかなければいけない数年間でした。

 

そうしていかないと自分を保つ事ができなくなるかもしれない数年間でした。

 

新たな発見がありました。

過去を否定しなければなりませんでした。

新たな出会いがありました。

疎遠だった親戚と頻繁にやり取りをするようになりました。

起業しました。

 

「家族」という言葉の意味を考えるようになりました。

そして。。。

 

父親の死から8年が過ぎて、ようやく落ち着いてきた感じです。